読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋谷区で一軒家がほしい

24歳広報系ゲイの日記

一目惚れの恋が愛へと変わるまでのおはなし

 

それは、一目惚れだった。

 


でもあの時に抱いた気持ちは間違っていなかったと、

自分の気持ちに素直でい続けて良かって。

 

あの日からの自分を今日は、褒めてあげよう。

 

 

 出会い

 

ゲイが友達や恋人、セフレを探そうとしたら、今のご時世、twitterかアプリや2丁目か。

 

自分も例に漏れずアプリに自分の盛れた写真を載せてやり取りをしていた人種だけれど。

 

今お付き合いをしている彼氏との出会いは、
バーチャルではなくリアルだった。

 

 

 

相手は大学の先輩。

 

 

 

自分でも驚くほどに、

一目惚れだった。

 

もうその時は自分はゲイなんだって自覚はもちろんあったし、

若さにかまけてそれなりにやんちゃしちゃったりしてたけれど。

 

 

こんなに心を打ち抜かれることがあるんだって、本当に驚いたもんです。

 

 

相手のことなんて何も知らないのに、目が離せられなくて、

 

 

あ、俺、この人のこと好きだ。

 

 

って、冗談抜きで全身が高ぶっていて。

 

そしてゲイの勘とでいいますか。

僕の中のgrader(懐かしい)がびんびんに反応して、「この人もゲイだ!」と主張してて、その場でアプリまで起動しちゃって。

 

 

 でもまあ、世の中そんな上手くもいかず。

 

本当に簡単なあいさつだけ済ませてさよならして、

 

それからも憧れの先輩として、人伝いに聞く情報とか、同窓会での見かけるとかだけの関係で、それでも一度抱いた想いはなかなか消えれくれなかった。

 

 

それから2年

f:id:sasahey:20170421011714j:plain

 

一目惚れから2年経った大学4年の夏。

 

神様はきまぐれで、いじわるで、優しくて、気分屋だ。

  

 

 

僕が一目惚れした彼も、

 

 

 

こっちの人間だった。

 

 

 

渋谷で開いたアプリの中の小さな四角の中には、彼がいた。

僕の心臓はきっと、数年間分くらい一気に打ち鳴らされたと思う。

 

 

 

そして、 リアルで出会って、バーチャルで本当の姿を知った僕たちは一度、結ばれた。

 

 

最初は本当に甘かった。甘美ってきっとこういうこと。

好きで好きで好きすぎて、それまで本気の恋愛をしたことがなかった僕の頭の中は、文字通りお花畑。

 

少女漫画もびっくりするくらい、甘々な毎日だった。

 

 

 

でもそれは、仮初めの契りでしかなかった。

お互いを何も知らなかった。目の前にある快楽を優先しただけの結果でしかなかった。

 

それでも僕はそれだけで嬉しくて嬉しくて、舞い上がってしまっていたんだと思う。

 

自分の「好きだ」という気持ちばかりが先行してしまい、
その当時の相手の心に自分がいないことに目を背けていた。

 

 

ちょうど学生が終わろうとしていて、社会にでる直前だった僕は、環境の変化についていくことが精一杯で、自分のことを欲の対象としてしか見ていない彼に、「心」を求めすぎてしまっていたんだと思う。

 

 

 

自分へ心が向いていない人に対して依存をしたところで、

振り向いてくれるはずもないし、自分の心も満たされない。

 

そんな当たり前のことも、その時の僕は理解できていなかった。

 

 

 

 

いつのまにか、

 

毎日していた電話がなくなり、

連絡も返ってこなくなり、

2人で会うこともなくなり、

 

 

彼の欲が減り、それでも僕の気持ちだけが高ぶり続けた結果、

 

 

あっけなく振られた。

 

 

 

でも相手は、

 

 

今後も友達でいてほしい。

 

 

と。

 

 

 

恋人としては終わったけれど、共通の趣味を持つ友人として、僕を失いたくないとのことだった。

 

 

僕はそれを、甘んじて受け入れてしまった。

たとえどんな関係であっても、彼の存在を自分の中から消すなんて、できなかった。

そして、彼の中からも、僕を消して欲しくなかった。

 

 

 

 

相談していた友達には、

 

絶対に幸せになれない

そんな奴のことを好きでいるのはやめろ

他にもっと良い人が沢山いる

 

皆僕のことを想って、そうやって言葉をかけてくれた。

 

 

それでも、

 

「ただ好きでいるだけで十分なくらい、彼のことが好きだからそれでいい。」

 

と振られたことをきっかけに本気で僕は思っていたから、

 

それからは何も求めず、ただの友人として、でもいつか、絶対また恋人に戻るという希望も持ちながら、自分の気持ちを押し殺して、毎日を過ごした。

 

巡り合わせ

 

f:id:sasahey:20170427020356j:plain

 

でもそんなこんなで(大はしょり)

 

今僕たちはまた、共にいるわけでして。

 

 

 

正直

 

この人を好きでいて、俺は幸せになれるのか?

 

と何度自問したかわからない。

 

何度も嫌いになろうとしたし、悪いところばかり探して心を遠ざけようと無心した。

 

 

 

それでもやっぱり、いつも心の片隅から離れてくれなくて。

 

 

 

ただただ、好きでい続けたんです。

 

 

 

何も求めず、ただ相手を受け入れて。

 

 

 

 

神様はきまぐれで、いじわるで、優しくて、気分屋みたいだ。

 

 

 

 

 

来月から、2人で暮らし始めます。

 

 

 

 

あの頃の僕たちみたいに、身体と心の快楽だけを求めているだけじゃなくて。

 

今はお互いをもっともっと知った上で、一緒にいる選択をして。

 

 

正直未来のことはまだよくわからないし、どこを目指して今共に暮らすことを決めたのかも曖昧だ。

 

 

でもいつか、支えてくれている人達に、僕たち2人のことをちゃんと、話せる日がくるといいな。

 

 

 

次の夢は、

 

 

 

結婚式を挙げること。

 

 

 

きっと叶う。大丈夫。叶うにきまってる。

 

 

 

世界には愛しかないんだ!(突然の欅坂)

心を打ち明けるおはなし

カミングアウト


この言葉は
自分が同性愛者である以上、常にまとわりついてくる。
 

カミングアウト(英: coming out)とは、これまで公にしていなかった自らの出生や病状、性的指向等を表明すること。 英語の動詞形でカムアウト(英: come out)とも言う。 逆に、他人の秘密を暴露することをアウティング(英: outing)という。

 
実は自分、結構カミングアウトはしていて。

別に好んですることではないと思っているし、人に強要するつもりもない。
でもただ、自分の場合は、自分を隠さないで話せる。自分の好きな人、もののことを嘘をつかずに話せる人がいることで、人生が180度変わった。といっても過言でないくらい、息がしやすい世界になって。

考え方は人それぞれだけど、
ゲイだということを今自分が引け目だと思わないで生きていられることが
ただ本当に幸せだなあと。

好きな人のことを、好きだって話せる存在ってこんなにも大きいんだななんて。
昔の自分は想像もしていなかったよなあ。

 

 

初めてのカミングアウト

 初めて自分がゲイであることをカミングアウトしたのは、大学2年の冬。

ちょっと背伸びしてはいってみた、渋谷の明治通り沿いのビルを地下に降りたイタリアンバルにて。当時のバイト先の、4個上の大好きだった女の社員さんに。

ワインの味なんてわからないのに、
わかった振りをして、酔いを味方につけて、それでも震えた声で、

 

「俺、女の子のこと、恋愛対象として見れないんだよね。」

 

なんて中途半端なカミングアウト。

 

それでも彼女は、驚いていたけれど、開口一番

 

「嬉しい。言ってくれてありがとう。」

 

って頭をなでてくれた。


それからほどなくせず、バイト先の先輩2人に続けて自分がゲイであることを伝えて、
やっぱり2人とも驚いた顔を一度して、それでも喜んでくれた。

 

「ようやく本当の○○を知れた気がするよ。」
「もっと早くいってほしかった。今後彼氏紹介してね?」

自分のことを認めてもらうことが、
こんなにも嬉しいことだなんてと感動した記憶が鮮明に残っている。

当時付き合っていた彼氏が、当たり前のごとくカミングアウトをしていたから、
それに影響されたこともある。その人とはすぐに別れたが。

20歳の時にカミングアウトをしたものの、
ただこの時の自分はまだ、
自分という存在が認められたという自己承認が嬉しかっただけなんだと思う。

やはり自分がゲイであることには引け目を感じていたし、
今後の自分の人生についても決して明るくはなかった。

その後も、自分はバイなんだ!と言い聞かせて、
女の子とも付き合った。もちろん上手くいかなかった。

2回目のカミングアウト

今から約2年半前。

今の彼氏さんと最初にお付き合いしていた時。

 

その時は正直上手くいかなくて一度振られてしまっているんだけど、

それでも積年の恋が叶った僕は舞い上がっていて。

 

今までは”彼氏”=”彼女”に変換して、時には嘘もついて塗り固めてきた自分の恋愛の話。

恋バナを人にするのも好きじゃなかったし、そもそもそんなに人を好きになるってことを経験したことがなかったのだと、昔を振りかえると、思う。

 

それでも、この恋は、誰にも嘘をつきなくない。

 

こんなに好きな人のことで、嘘をつきたくない。

 

自分の大切な友達に嘘をつきたくない。

 

 

今まで、

「ゲイであることを知ってほしい」「自分を認めて欲しい」

という感情が先行していた自分がいつの間にか、

 

 

「人にも自分にも、嘘をつくことが嫌だ、だから伝えたい」

 

 

という気持ちに自然と変化していっていたのでした。

 

 

 

認めてほしい!

という気持ちが少しずつ小さくなっていったことで、

カミングアウトへのハードルも低くなって、

もちろん伝える人は選ぶけれど、自分が自然体で接することのできる人が沢山増えた。

 

そして嬉しいことに、皆が僕の恋を応援してくれる。

(彼氏さんは同じコミュニティ出身なので、共通の知り合いが多いのです)

 

自分で自分を受け入れないことには、

きっと人に受け入れてもらうなんてできないんだろうなあ。

 

 

 

 

自分のアイデンティティに悩み苦しんで、未来に希望を持てずに

自暴自棄になってしまっていた、10代の自分に伝えたい。

 

ゲイとして生きていくこと、捨てたもんじゃないよ?

 

ものすごく特別で、何でもない、今日という1日

自分と関わりのない人からしたら、
ただ過ぎ去っていくだけの1日。

でもただ、自分が生まれた日だというだけで
こんなにも言葉を与えてくれる人がいる。


おめでとう。


祝福の言葉で溢れる、1年でたった1日の
特別で、何でもない、その人にとっての今日。

自分が生まれたことを、
いくつになっても喜んでくれる人がいる


だからその分自分も


たくさんのおめでとうを、
たくさんのありがとうを、


多くの人に与えていける
そんな大人になりたいな。なれるといいな。


また1つ歳を重ねることが、
悲しくならないように、怖くならないように。








ようやく24歳。
まだまだ子どもだけれど、受けた愛を何倍にも膨らまして返していけるような、そんな1年に、なれるかな。


うきうき酉年!


このブログを見てくれた皆さんの明日が、
少しだけ明るいものになりますように。

愛おしい

「風呂入った?」




まだー



どして?






「おしゃべり」








************************




おはよう

ねむい

つかれた

ただいまー

おかえりー

ねむいなあ

おやすみー





特別でない、何気ない言葉

誰もが口にする、当たり前の言葉

言葉の意味など考えずに、口から出てしまう言葉




その言葉の一つ一つが
君と紡ぐと色を持ち初めて

言葉を交わすだけで
いつもの帰り道にも彩りが加わって

足取り軽やかにスキップなんかしてして








ただただ




愛おしい









君という糸と紡いでいく物語の次のページは


どんな言葉が添えられるんだろう?






今日もまた、何でもない特別な1日が終わる。

菅田将暉が、とにかくとにかく僕のあらゆる琴線に触れてくるんだ


尊い。。
ひたすらに尊い。。

こんばんは。生年月日が菅田将暉の3日後の僕です(おそらく読んでくれた皆さんの11月中で1番どうでも良い情報)


今回は2代目はだおこと、菅田将暉くんの素晴らしさについてひたすらに述べたいと思います。

メンズビオレの泡になりたい。


【①折原幸人/地味にすごい!校閲ガール】

絶賛放送中のこーえつ!
少し抜けている役どころがもうたまらんすね。
「ほえ?」とか言いだしちゃいそうな、綿菓子のような雰囲気。イケイケな役も可愛い役もあっさりこなしてしまう彼のキャパがもはや恐ろしかです。


【②鯉淵蔵之助/海月姫

こんなに女装が似合ってしまい、漫画のイメージも崩さない男がいるのでしょうか。比較的男らしい顔立ちをしているはずなのに、こう見るともうただの女子。
自分の新しい可能性が開花しかけてしまった。汗
あと菅田将暉ってやたらとパンツ姿になるのだけれど、あの完璧すぎる体型は一体、、?あまりにも美しすぎて困惑する。とりあえず撫でさせてほry


【③武藤翔(泰山)/民王】

とにかくオラオラ菅田くんがたまんないっす!たまのよなよな翔も良いんですけど、あの泰山が入ってる菅田くんの表情たるや、、彼が代表のサークルに入って惚れたい。
基本耳かけヘアーが多いのも最高に萌えますね。



あととにかく高橋一生も最高(忙しい)

【④鈴木卓也/二重生活】

麦ちゃんとのベードシーンが滾る。
俺も一緒に朝を迎えたい。


【⑤川谷/ピースオブケイク

多部ちゃんとのキスシーンにこの作品の全ては詰まっているというからそれだけで良い。



慣れないことをしたら疲れたので続きはまた今度、、、



どこかでたまたま偶然巡り合って飲みにいける未来を信じて僕は強く生きます。

幸せのカタチ

今僕は、人生においてもなかなかの究極の選択に迫られている。






社会人2年目、23歳。



転職をしてそれなりに給料も上がり、人生初の1人暮らしを3月より開始しようと計画を進めている段階なのですが




ここにきて



ルームシェア



という可能性が浮上してきました。





今2人可能性ある候補がいるんですけれど、、






候補①
大学時代からの同い年友人
┗社会人
┗ノンケ、カミングアウト済
┗恐らく一番仲の良い男友達

候補②
大学の先輩
┗フリーター
┗ゲイ、先輩というか元カレ、
┗別れてからもずっと友達
┗別れて1年半経ってもずっと好き







さて







なぜ僕は元恋人とまたこのような関係に?


ルームシェア?え?良いけど良いの?




順当にいったら友達とし始めるべきなんだろうけど、

それでも恋心を拗らせ続けてもう5年目


仮に一緒に住めるのであれば、一緒に住みたいとか思ってしまう。




何もなかったとしても
それでも毎日顔を見れるだけで
もうこれ以上ないくらいの幸せな日々になるんだろうな




相手がどう思っていて
ルームシェアを提案してきているのかはわからないけれど




それでもただそばにいれるなら、なんでも良い。




そう思ってルームシェアできる物件を検索し続ける毎日。





幸せの形ってなんなんだろうな。





あんなに嫌いになろうとしたのに



それでも連絡がくるだけで



一目会うだけで



また好きになってしまう






自分の未来は絶対幸せだって確信はあるけれど






その未来を一緒に見ているのは、誰なんだろうな。

えっちとせっくす

セックスしよ?



より




えっちしよ?


のほうが何十倍も興奮するし、


圧倒的に「えっちしよ?」


のほうがえっちなことをする感isあるよね!





囁かれるのも良いけど、

ねーねーとかなんとか甘えられながらとか

じーっとみつめられながらも良いよね!!



てかなんなら、



「んーーーーーーーー、、、、、、、しよ?(寝起き)」


とかでも最高だよねそんな朝どこに転がってるのー!!





なんて話をカミングアウト済みの女友達と
深夜のタクシーで大爆笑しながら話して本当にすみませんでしたタクシーのおっちゃん本当ごめんなさい。



でも圧倒的に
えっちのほうがえっちだと思うんですよ。
どうでしょう。

だって、えっちですよ?
えっちするってすごくないです?



セックスっていったらもうそれは
挿入がある前提というか、それを目的にしている感漂うじゃないですか。



その挿入の前には
きっともっと諸々二人の愛を確かめ合う作業が間違いなくたくさんあったはずなのに、
お互いの愛は真実なはずなのに、



ただ



セックス




という言葉だけで、
全てがその行為のみに集約されてしまう気がして
とてもとても悲しく感じてしまいます。



その点、えっちの無限の可能性。


何をするかは何もわからないのに、わからないからこそのむしろやらしさとか、背徳感たるや。


あー素晴らしい。えっち。





もうなんか、
ただのアルファベットの8文字目なのに。




それを平仮名にするだけで、ここまでの破壊力。








H







でも






エッチ







でもダメなんですよね。そうなんです。









あくまで










えっちしよ?









なんですよ。そうなんです。











以上、愛というか、、、うん、愛のあるえっちに飢えている23歳ゲイの嘆きです。